今日も夢を見続けるブログ ver.2

相変わらずレビューと呼ぶには色々足りない、「玩具で遊んで楽しい」という喜びを発信中!
なお、当ブログでは色々なキャラクターが崩壊している事もあるのでご注意下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
web拍手 by FC2

コンディション・グリーン

I'm gonna fly fly away コンディション・グリーン
深い悲しみを助けたいの

皆様こんにちは、UFハルです。
本日届いた物があるのですが、
少し撮影に時間が取れずに明日に回そうと思います。
そんな本日も、少しばかり雑談にお付き合い下さい
コンディション・グリーン
機動警察パトレイバー」の実写化計画が着実に進行し、
ついこの間製作発表会を開いていたのは記憶に新しいのではないでしょうか?
その際聞いた事なんかを含めて、本日は少し思うところを書こうと思います。


コンディション・グリーン (1)
機動警察パトレイバーの実写化と聞いて、真っ先に浮かんだのは鉄人28号でした。
人によって感想は様々でしょうが、少なくともあの映画はアニメ・漫画の実写化の黒歴史の一部だと思います。
頂点は様々な人間に山ほどトラウマを与えたデビルマンでしょうが、
ロボットの実写化といえばまあ、こいつでしょう。
Gセイバーは日本産ではないのでここでは除外します。
つまり、またファンの心に傷を負わせるものを作ってしまうのではないかという事を思い浮かべ、
また懲りずに漫画の実写化を進めようとする空気に辟易としていました。
が、そんなある日公開された(誰かが隠し撮りした?)のが、実寸大イングラムでした。
大抵こういうロボはCGで全て賄うか、部分だけ実際に作るのだと思っていましたが、
移動用トレーラーにもたれかかったイングラムの姿がありました。
コンディション・グリーン (2)
なんということだ!このスタッフならやるかもしれない!
少なくとも意気込みはハンパじゃないぞ!?
と、勝手に興奮していましたが、
監督を知ってからそのテンションは逆のベクトルで心配以外の何者でもない感情に切り替わりました。
かの有名な押井守監督がメガホンをとっている、と。
押井監督と言えば攻殻機動隊などでその名を世界にとどろかせた監督ではないかと思いますが、
パトレイバーの原作集団「ヘッドギア」の一人だったように記憶しています。
地上波放送当時(私は世代が若干後なのでビデオ等で視聴)も数話監督しており、
その際のストーリーは決まってレイバーがほぼ活躍しない、よく分からない話でした。
幼かった私が見ても空気が違うことが読み取れるほど、若干毛色が違っていたのです。
私はゆうきまさみ氏の描いたコミック版が一番分かりやすくお気に入りで、
私の中でパトレイバーといえば「レイバーを使ってハチャメチャを繰り返すギャグ色の強い作品」というイメージです。
実際アニメでも笑えるシーンは幾度もあり、概ねお笑いの要素が強いのは間違いないかと思います。
コンディション・グリーン (3)
が、押井監督回はギャグも少なくシリアスで、その頂点が映画第2作目でした。
1作目(風速40m)はパトレイバーの空気を纏った面白い作品でしたが、
2作目(TOKYO WAR)は何処と何処が戦っていてどうなったのか、子供の私には恐ろしく分かりづらく、
ギャグの要素は微塵もありません。
ひたすら暗く冷徹な後藤隊長、冒頭からデータ取りの役目しか残っておらず半ば解体されているイングラム、
ほぼ解散状態となってしまっている特車2課。
事態を収束させる為、解体されかかっていたイングラムを強奪し、
警察を首になる覚悟で事件解決に挑む特車2課のメンバーたち。
アーマーを着せられ、パトライトを外され、ひたすら銃撃戦を演じるイングラム。
なんというか、パトレイバーは基本的に地上波もOVA2作品も映画第1作も好きでしたが、
2作目は内容が頭から抜け落ちてほとんど覚えていないような状況です。
WXⅢ(映画第3作目・廃棄物13号)は押井監督ではない物の、
同様の空気を纏った、ひたすらに重苦しい作品でした。
私が思うに、押井監督はレイバーというマシンが嫌いなんだと思います。
コンディション・グリーン (4)
そこへ来て、押井監督の実写化。
嫌な予感がしないはずもなく、主人公の名前を聞いた瞬間にその場で崩れ落ちました。
その名も「泉野明」。本編主人公の「いずみ のあ」ではありません。
押井監督が書いた小説「番狂わせ」に登場する主人公の名前が「いずみの あきら」と言う青年でした。
この「番狂わせ」がどういうストーリーなのか簡単に触れると、
TOKYO WARのその後を描いており、特車二課は映画の事件での借りから温情だけで存続しており、
スクラップと化したイングラムがちょろっと登場するだけの、パトレイバーの名を冠していない作品です。
海外から日本に遠征に来るサッカーチームに対しテロ予告が成され、
その警護を特車2課が受け持つという大筋なのですが、
「TOKYO WAR後、高級かつ複雑なマシンのレイバーは不要である」とされた世界なので、
レイバー犯罪は起こり得ず、特車2課にも勿論イングラムどころかレイバーがありません。
おまけに内容はほぼサッカーの薀蓄を語るだけで、全くといっていいほどパトレイバーの要素はありません。
しかもその事件自体物凄く消化不良を起こしており、きちんと解決せず、
なんだかこの後藤さん似の隊長が胡散臭いけどどうなんだろう、といった感じです。
が、逆に考えると、この「番狂わせ」ほど実写化しやすいパトレイバーもなく、
おまけに番狂わせの作者は押井監督その人です。
コンディション・グリーン (5)
第3世代を描きたかった。
つまりそれは、第2世代(野明達)の次、少なくともTOKYO WAR後のお話でしょう。
ならば、製作された実物大レイバーがイングラムだ、と言うのもおかしな話です。
イングラムは2の時点で型遅れになっていましたので、
それを現役で使用する第3世代のパトレイバー隊では辻褄が合いません。
アレがイングラムに似た後継機であるなら、デザインの違いも納得ですが、
思い切り「98式AVイングラム」と言われてしまっているのでもうどうしようも・・・
コンディション・グリーン (6)
救いなのは、出演者が語っている「指揮車に乗る」「レイバーに乗りたかった」発言です。
アクションシーンなどもある模様なので、流石に番狂わせのままではないでしょう。
上で書いたのはあくまで最悪の展開の場合で、
もしかしたら、本当にもしかしたら、
ハンガーにしっかりと立っているイングラムを見られたり、
CGとはいえスクリーン狭しと駆け回るイングラムや新特車2課のメンバーが見られたりするかもしれません。
その辺りは過度な期待をせず、じっくりと待ちたいと思いますが、
如何せん押井監督はイングラム嫌いなようですからねぇ・・・。
なんというか、「パトレイバー」という物語から無理やりたたき起こされ、
「あんな2本足のロボットが要ると思うか、現実を見ろ」と言われているような感覚です。
コンディション・グリーン (7)
が!が、ですよ!?
そこはそれ、SFです。
2本足のロボットが立って走って暴れまわる。
はみ出し者の警官達がレイバーで大立ち回りをするのが面白い作品であって、
そこにリアリティを求められても困ってしまいます。
「ガンダムの頭にバルカンなんかつけたら、反動でぐるぐるその場で回るだろ」というある意味現実的な論理を、
作品のテーマに据えて1本の映画を作りそうな人ですからね・・・
コンディション・グリーン (8)
ただ、「後藤田継次」という後藤隊長の後釜に座ったキャラが存在している事が気がかりで仕方ありません。
番狂わせはこの後藤田隊長が極端に胡散臭い役で、
後藤隊長からいい部分だけを取り除いたような悪質な人間です。
ネタバレに触れるべきではないかもしれませんが、番狂わせの事件はこの後藤田が仕組んだ臭いのです。
あくまで名前を使っているだけで別のキャラであるならいいのですが・・・。
50分弱の全12話構成、という辺りから、普通のパトレイバーの毛色ではなく押井色を前面に押し出した、
人対人の重苦しい物語を展開しそうな気がするので、
この辺は予告なり何なりが公開されるまで大人しく待つより他ありませんね。
コンディション・グリーン (9)
そろそろ何が言いたいのか分からなくなってきました。
現在撮影の真っ最中だそうで、既にストーリーは完成している事でしょうが、
いい意味でパトレイバーらしい作品になるのを心より期待します。
関わっていなかったとはいえ、WXⅢの時の二の舞はごめんです・・・!
WXⅢにもさらっと触れておきましょう。
廃棄物13号という、ガン細胞から作られた生物兵器を追うストーリーが元で、
「宇宙怪獣対正義の地方公務員」というのがまさにぴたりと内容を言い当てており、
どのように謎の生物と戦うかという本筋と、それを作った悲しい研究員の物語が同時に進行します。
そんな時でも特車2課の面々は相変わらずで能天気な展開ですが、
WXⅢはその研究員にのみ焦点を当てており、
一人の刑事が延々とその研究員を追う話が描かれております。
イングラムなど最後の数分のみ登場し、セリフのない第2小隊のキャラもほとんどです。
押井監督作品を見たことある方ならぴんと来そうですが、
崩れたような廃墟を点々したり、どこぞの民俗音楽のようなものが流れてきたり、
果ては雨が降り出してセリフをかき消してしまったりなんかしたりします。
そういうの、全然いらないので。
シリアスにして成功する作品としない作品がありますが、パトレイバーはほぼ後者でしょう。
コンディション・グリーン (10)
ただ、押井監督をこき下ろしているわけではありません。
映像、演出、音楽、全てにおいてこだわった「ジャパニメーション」を築いた一人ですし、
攻殻なんかはあんな古い作品なのに今見ても一切色褪せていません。
番狂わせも、押井作品が好きな方なら面白いと感じるのかもしれませんが、
私はなによりパトレイバーが大好きです。
故に、実写化などといわれれば敏感になりますし、
その監督が押井監督であれば膝が震えだすのも当然といえます。
コンディション・グリーン (11)
今度の実写化が、デビルマンのような醜態を晒さない事を祈るだけです。
あと番狂わせはほんとに止めてください。
こう言ってはなんですが、パトレイバー好きな人にあえて喧嘩売るような作品です。
それが押井流と言われればそれまでの話ではあるんですが、
「分からない人はついてこなくていい」と公然と言い切っちゃうような人です。
自分の思想を練りこみ、これがパトレイバーの現実だと叩き付けられても返事に困りますし。
見たいのはあくまで「押井作品」ではなく「パトレイバー」という完成したコンテンツですしね。
コンディション・グリーン (12)
色々語ってしまった・・・大好きなのでどうかお許し下さい
ではでは~
関連記事
  1. 2013/09/29(日) 23:45:07|
  2. 日記、或いは雑事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
web拍手 by FC2 <<キラキラ輝く未来の光! S.H.フィギュアーツ キュアハッピー | ホーム | 帝国華撃団、参上! ヴァリアブルアクション 光武(さくら機)>>

コメント

言いたい事はもんの凄いよくわかりますよ。
自分もパト大好きなんで。

あの人ってレイバー嫌いって言ってたはずなんですよね、個人的には棒立ちのレイバーを前に食っちゃべってるに一票。
そんで最終話でちょろっと動いて終わりそんな気がしますorz
まぁ、今騒いでも憶測だけですからね予告が待ち遠しいいや、何となく怖いですわ…


Gセイバーは個人的に好きなんですが、やっぱりだめなのか…
  1. URL |
  2. 2013/09/30(月) 06:16:28 |
  3. falcon #ChF5jp6E
  4. [ 編集 ]

Re: falcon様

ですよね、やっぱりレイバー嫌いって言ってましたよね?
TOKYO WARの後、二度とパトレイバーは書かないみたいなことを言っていた気がしますが、
何故ここに来て番狂わせの名前を持ってきたのか・・・
仮に内容が番狂わせでなくとも、その名前だけで拒絶反応を起こすのは私だけではないと思いますが^^;
千葉繁さんがシゲさん役で出てると言うのが物凄く興味深いですが、
やっぱりどうなるかは少しでも映像が公開されないことには分かりませんね。
心配が杞憂に終わり、面白いパトレイバーらしい作品になる事を心より望みますw

Gセイバー、悪くはないのですが、明らかに説明不足な気がするんです。
時間が短すぎたと言うのが原因でしょうが、
連邦が実質壊滅した後という複雑な世界設定、戦争というか戦闘の原因の若干の不透明さ、
最終戦で突如乱入して来た大量のMS・・・
根幹はしっかりしてそうなので、それこそ幾つもの章に分割し、
資料なんかで語られる子細な設定をきちんと取り込んで生かしていれば、
宇宙世紀のガンダムとは雰囲気が違うものの、
平成のガンダムシリーズのように独立した作品にはなったんじゃないかと思います。
実は私もGセイバー嫌いじゃなかったりしますw
  1. URL |
  2. 2013/09/30(月) 10:43:34 |
  3. UFハル #-
  4. [ 編集 ]

なるほど、言いたいことはよくわかりました。
僕も初めて劇場版2を観た時はTVやOVAの時のようなコメディ要素がなくシリアスで戸惑ったものです(^_^;)
確かに押井監督は関わってはいませんでしたが、WXⅢに至っては、廃棄物13号を元にしているとはいえホラー映画かと思うほどでしたよ……。

しかし、あの押井監督がそんなことを言っていたとは今知って驚きました…その辺に関しては疎くて、自分の中で「押井守はパトレイバーも代表作」みたいに思ってたので(汗)
レイバーが動いてくれないといまいちパトレイバーって感じがしないと思うので、そこも心配ですね…

ですが、もともと千葉繁さんをモデルにアニメオリジナルで登場したシゲさんが実写でも千葉さんというのは、アニメから入ったファンの自分にとっては嬉しいものでしたよw

元から実写好きなこともあり、なおかつパトレイバーの実写化を待ち望んでいた自分としては期待したいところですが、そういうことならばあまり脳内でハードルを上げないほうがよさそうですな(汗)
まあ始まって見なければわかりませんが、今のうちは過度な期待はしないでおきます…。
  1. URL |
  2. 2013/09/30(月) 17:26:40 |
  3. 無山 #-
  4. [ 編集 ]

押井氏の思想や好みは抜きにしても、公表されている予算額がとてもCGのレイバーを動かしてドンパチやれるほどには見えないので、そういう意味でもひたすら登場人物が立ち食い蕎麦かっ食らいながら押井氏の薀蓄や思想を代弁する内容になりそうな気がしていますw

キャスト面では1号機の操縦・指揮コンビがなでしこと弦ちゃんなのが面白いですよね。
  1. URL |
  2. 2013/09/30(月) 17:39:38 |
  3. 宇宙落描き #1ZW75VQc
  4. [ 編集 ]

Re: 無山様

押井監督作品が嫌いなわけではなく、
原点のパトレイバーが好きすぎるが故の弊害と言った感じです^^;
実際パトレイバーは押井監督の代表作品の一つではあると思いますが、
番狂わせを読んで、ちょくちょく押井監督が見せていた考えの片鱗が集約されている気がしました。
レイバーは非現実的で普及などする筈がない、
特車2課のような正義の警官などいない、これが現実だと言った感じの特車2課、という具合に、
多数派(少なくとも少数派ではない)ファンが望むパトレイバーとは乖離しているのが番狂わせでした。
実際にどういった内容なのかトレーラーでも公開されない限りは分かりませんが、
過度な期待をすると痛い目を見るかもしれないとは考えています・・・

シゲさんはそもそも千葉繁さんをモデルにしたキャラだそうで、
これは間違いなく当たりキャスティングと言うか当然ですねw

ロボアニメの実写はそれだけでかなりハードルが高そうな上、
下手をしたらガンダムよりも好きなコンテンツなので否が応にも期待は高まってしまいますが、
出来る限り「パトレイバーらしい」物を見てみたいと思いますw
  1. URL |
  2. 2013/09/30(月) 19:59:05 |
  3. UFハル #-
  4. [ 編集 ]

Re: 宇宙落描き様

「制作費は20億」と大々的に書かれていましたが、
大半はあの等身大レイバーに注がれたんじゃないかとひやひやしていますw
押井作品は嫌いではないのですが、
その作風をそのままパトレイバーに持ってこられても・・・と、人狼(アニメ)を見た後に思いました^^;
とりあえず、せめて1回くらいはきちんとイングラムが動く話があると嬉しいです・・・

あれ、1号指揮車って同じ福士でも違う福士さんだったような?
俳優さんは分からないんですが、弦ちゃんではなかったと思います。
  1. URL |
  2. 2013/09/30(月) 20:06:56 |
  3. UFハル #-
  4. [ 編集 ]

はじめてコメントさせていただきます。
すごく気持ちわかります。
ちなみにコミック派です。

押井さんがイングラム(のデザイン)が嫌いなのは聞いたことがあります。
出渕さんのデザインが気に入らなかったけど、
最終的には他のヘッドギアのメンバーに言われて折れたという話をネットで見たことがあります。
確か96式みたいなデザインが押井さんの望む形だったとかなんとか。

劇場版一作目は、押井色と正義のロボットアニメをやりたいメンバーのせめぎあいが生んだ傑作だと思ってます。
劇場版二作目は、イングラム嫌いな押井さんが機体を文字通り現実に存在する兵器で完全粉砕してましたね。
作品自体は良作だとは思いますけどパトレイバーなくても問題ない構成なのが(苦笑)

私のような『ワンダバな特車2課』が見たいファンとしては
敢えて番狂わせの登場人物の名前をもってこられるとやっぱり不安になります。
個人的には踊る大捜査線の人に監督やってほしかったなあ。
あんまり悩まないでも観れるノリがパトレイバーかなあと勝手に思ってます。
軽いノリの中にも現場で働いてる人の悩みとか、
でも熱い正義の心で乗り切っちゃうみたいなところがあったりするのがいいかなって思います。

長々失礼しました。
私もパトレイバーが大好きなので、いい作品になるといいなあと淡い期待を持っています。
  1. URL |
  2. 2013/10/07(月) 03:07:20 |
  3. 嘘つきギータルリン #-
  4. [ 編集 ]

Re: 嘘つきギータルリン様

はじめまして、コメントありがとうございます!
コミックは入りやすく分かりやすいのでいいですよね^^

押井監督がイングラムが嫌いだと言うのは前々から聞いた事がありましたが、
96式みたいなのがよかったんですね・・・
とはいえ、あの世界であの形をしているイングラムだからこそ特徴的なのだと思いますが^^;
「原作者集団」であるからこそのジレンマでしょうね。

確かに風速40mは押井テイストと楽しげなパトレイバーの雰囲気が入り混じった傑作、
対するTOKYO WARは傑作ではあるものの別作品でも全然よかったという感じでしたね。
パトレイバーというコンテンツが好きなら無理に見る必要はない、的な。

番狂わせの名前が出るだけで、正直ファンとしては躊躇ってしまいますよね。
あの作品もパトレイバーとして見ずに押井監督作品としてみれば、
「ああ、あの監督の雰囲気だ」と言う風に納得できるんですが、
それをパトレイバーでやってしまった上(それも名前を出さずに)、
自身がメガホンをとる映画の登場人物にまでしてしまうとなると、ねえ・・・
それこそ1作目の「ありえそうな恐怖」と「ありえなさそうな破天荒な展開」が綯い交ぜになった、
気を抜いて見ながらもラストは緊張感溢れると言う作品なら大歓迎なんですが。

ただ、何も公開されていない現在、あーだこーだ言っても分からないので、
とりあえずトレーラー公開辺りまでじっと見守りますw
元気に動くパトレイバーが見られれば御の字、
雨の中でひたすら暗い話に興じるだけの展開になれば・・・今は考えないで置きます^^;
  1. URL |
  2. 2013/10/07(月) 22:29:20 |
  3. UFハル #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oresamazennbu2.blog.fc2.com/tb.php/2108-85b61022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私と言う人物像、或いは人間性

UFHaru ver.2

Author:UFHaru ver.2
玩具道という底無し沼に魅せられた管理人。
その実態は、おっさんに差し掛かった社会人です。

燃えメインですが、若干萌えも齧っています。
というか最近萌えに侵食されています。

玩具レビューというにはあまりにおこがましい、
玩具で遊んでみた的なブログを更新中。
玩具最高!玩具で遊ぼう!な電波を発信中。

リンクは基本的にフリーダム!!
ですが、
その際は一言コメントを頂けると、
当方は凄く喜んだりします。

最も新しき記事達、或いは更新記録

寄せていただいた言葉、または激励

トラックバック、或いは横の繋がり

カテゴリという目次、または詳細

ガンプラ(主にHG、RG、BB) (88)
ガンダム以外のバンダイプラモデル (12)
他社プラモデル(コトブキヤ等) (40)
AGP(旧COMPOSITE Ver.Ka) (19)
D-Arts (19)
ウルトラマン関連(主にact) (71)
仮面ライダー(昭和) (22)
仮面ライダー(BLACK・RX)消去済 (0)
仮面ライダー(ネオライダー) (4)
仮面ライダー(平成) (65)
仮面ライダー龍騎 (12)
仮面ライダー555 (9)
仮面ライダー剣 (11)
仮面ライダーOOO (34)
仮面ライダーフォーゼ (10)
仮面ライダーウィザード (4)
仮面ライダー鎧武 (9)
仮面ライダードライブ (17)
スーパー戦隊 (47)
S.H.フィギュアーツ(真骨彫製法) (8)
S.H.フィギュアーツ(プリキュアーツ) (16)
S.H.フィギュアーツ(セーラームーン) (4)
S.H.フィギュアーツ(その他) (43)
牙狼 (9)
オリジナル・エフェクト(主にMoMo) (6)
S.H.モンスターアーツ (8)
超合金 (50)
ロボット魂 (76)
リボルテックヤマグチ(TAKEYAも) (53)
リボルテッククイーンズブレイド (10)
特撮リボルテック (15)
figma (187)
ねんどろいどとか (6)
ひぐまとねんどろ以外のMAX関連 (5)
A3、或いはボークス関連 (14)
メガハウス(可動のみ) (10)
プレイアーツ・改 (8)
マクロス関連 (5)
トランスフォーマー (9)
その他フィギュア(食玩、アサキン等) (75)
RAH(その他ドール寄りのもの) (36)
PlayStation Home (15)
写真付SS的なもの (9)
ネタ (125)
ウッディw (72)
ツイッターまとめ (1389)
日記、或いは雑事 (177)
未分類 (0)

今日のお客様、或いは総数とも

現在ご滞在中の方々

現在の閲覧者数:

カレンダー、または更新を確認するもの

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

美しきお友達の方々、または同胞

このブログをリンクに追加する

ブロともと言う名の友、或いは勇者


キノコ・イン・ワンダーランド

ドラコの玩具紹介ブログ

過去の更新過程、または頻度

さがせぇ!何処かに記事がある筈だ!

RSSリンクの表示

(◕‿‿◕)僕と契約してブロともになってよ!

この人とブロともになる

QRコード、或いは携帯への足がかり

QR

天気予報という情報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 コレクションブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。